航空祭なび 2016〜航空ショー&ツアー情報

アクセスカウンタ




2016 飛行機(旅客機&戦闘機)カレンダー
ブルーインパルス スケジュール

【特集】 2015 ブルーインパルス スケジュール


模型飛行機 売れ筋ランキング

[零戦のプラモデル 一覧] [技MIX 航空機シリーズ特集] [模型関連NEWS]


直近開催の飛行機イベントはこちら

航空自衛隊の関連イベント一覧海上自衛隊の関連イベント一覧陸上自衛隊の関連イベント一覧在日米軍の関連イベント一覧
空自イベント一覧海自イベント一覧陸自イベント一覧在日米軍イベント一覧
海外航空ショー 一覧 民間主催の航空イベント一覧 日本の国内線LCC一覧
社会見学ツアー 一覧 海外航空ショー 一覧 民間イベント一覧 LCCで出かけよう!


zoom RSS 【特集】F-X(次期主力戦闘機)選定の条件

<<   作成日時 : 2011/12/31 23:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[カテゴリ] F-X(次期主力戦闘機) 航空自衛隊

【特集】F-X(次期主力戦闘機)選定の条件


F-X(次期主力戦闘機)とは、現在航空自衛隊が運用しているF-4EJ改戦闘機の後継機を指し、F-4EJ改戦闘機の老朽化に伴い、2010年(平成22年)度からの中期防衛力整備計画(平成22年度〜27年度)において導入を予定している。しかし導入スケジュールは大幅に遅れており、計画では既に7機が調達されていることになっているが未達の状態。F-4EJ改戦闘機は2015年にもそのほとんどが退役するとみられており、もはや後がない。本特集では、喫緊の課題である次期主力戦闘機 F-X導入機種選定にかかわる論点を紹介するとともに、読者が考える「最適機種」の投票を実施、公開する。

------------------------------------------------

★ 記事の最後尾にF-X投票コーナーがあります ★

------------------------------------------------
あなたが次期主力戦闘機に最適と思う機種を投票してください!


F-X(次期主力戦闘機)


<PR>----------------------------------------

--------------------------------------------

次期主力戦闘機 F-X選定の条件
【1】次期主力戦闘機 F-X選定作業の概況
選定候補機は当初、F-22AF/A-18E/FF-15FXユーロファイター・タイフーンF-35が有力とされ、2008年には実際に防衛省のF-X調査チームが英国および米国を訪問し、F-22Aを除く全ての機種に対し実機やシミュレーターの搭乗を含む視察・調査を行っている。唯一、情報提供が全く受けられなかった機種がF-22Aであり、防衛省・航空自衛隊が本命視していたのもこの機種であったといわれている。しかし米国政府は、F-22Aの輸出を禁じたオービー条項を理由に、最後まで輸出禁止の姿勢を崩さず、F-22Aの生産打ち切りが決定、同機の導入は不可能となった。代替提案として米国政府はF-35の導入を強く推奨してきており、他方、英国政府もユーロファイター・タイフーンの導入に強い期待を表明するなど、日本に対する活発な売り込みが行われている。


【2】次期主力戦闘機 F-Xに最適な機種は?
それではここで、次期主力戦闘機 F-Xを選定する際に最低必要と思われる条件について触れておこう。現在までの報道と周辺諸国の航空戦力の状況、新世代戦闘機の趨勢を踏まえたうえで、わが国の状況に照らし、あくまで当サイトとしての見解であることをはじめに付け加えておく。より技術的かつ具体的な選定条件については、2011年4月に航空自衛隊から各メーカーに発出されたRFP(提案要求書)の内容に盛り込まれているわけだが、残念ながら現状非公開となっている。
次期主力戦闘機 F-Xの選定条件は、大きく分けて次の3つに集約される。この3つの要素が全て満点であれば、その機種を選べば良いのだが、現実にはそのような戦闘機は実在しない。プライオリティ(優先順位)を考えざるを得ないのが現実だが、これについてはわが国の中長期的な安全保障戦略に照らして決断するほかないだろう。


<< 次期主力戦闘機の条件 1 >>

F-Xは強い戦闘機であること
〜航空自衛隊の任務を成功に導ける戦闘機は?〜

F-22 戦闘機航空作戦の勝敗を決めるのは「量」より「質」であるという現実。多数の旧型機が少数の新鋭機に全滅させられた事例は、歴史上枚挙にいとまがなく(かつて零戦が初陣で約2倍の数の敵戦闘機を全滅させ、零戦側は全機無事帰還するという華々しい戦果を挙げたように)、周辺諸国の空軍力近代化が進んでいる今日、現状の航空自衛隊の航空戦力では対処が難しくなりつつある。防衛政策上、少数の空軍力しか保有できない日本の特殊事情から考えても、より制空能力の高い戦闘機導入が望ましい。運用する立場の航空自衛隊が、要撃(迎撃)性能に優れ、高いステルス能力を備えた制空戦闘機F-22Aを本命候補としていたのも当然といえるだろう。戦闘能力の高さを考慮する際に大切なことは「航空自衛隊の任務」を遂行する上での戦闘能力について考える必要がある、ということだ。年間386回(2010年度)のスクランブル発進を行っている航空自衛隊にとって、要撃任務は日常の最重要任務。使用する戦闘機の加速性能や上昇性能、空対空兵装の性能や搭載数については要撃任務の成否を左右する重要な要素といえるだろう。

★上記要素に優れたF-X 次期主力戦闘機の候補は・・・
<1位> F-22 ラプター
<2位> ユーロファイター・タイフーン
<3位> F-35 ライトニングU



<< 次期主力戦闘機の条件 2 >>

F-X導入により戦闘機生産技術基盤を強化できること
〜100%国内生産を目指すことが強力な防衛力を実現する〜

ユーロファイター タイフーン 戦闘機運用する側の航空自衛隊が「戦術」戦闘機の性能を求めるのは当然だが、もう一方で「戦略」上わが国の戦闘機生産技術基盤の維持・強化も喫緊の課題となっている。これまでの航空自衛隊戦闘機はライセンス生産(海外メーカーにライセンス料を支払い日本国内で生産)がベースとなっており、この仕組みがあってこそ、戦闘機生産技術基盤を今日まで発展させることが出来た。しかし、F-2の生産が完了となる2010年度以降、戦闘機を作らない「空白」期間が到来すると、技術の継承が途絶え、生産技術基盤の崩壊に繋がりかねない。戦闘機の自国開発・生産を行う「戦略上」、ライセンス生産や日本独自の改良・改造がどの程度認められるかも重大な選定要素といえるだろう。

★上記要素に優れたF-X 次期主力戦闘機の候補は・・・
<1位> ユーロファイター・タイフーン
<2位> F/A-18E/F
<3位> F-35 ライトニングU



<< 次期主力戦闘機の条件 3 >>

F-Xは費用対効果の高い戦闘機であること
〜ブラックボックスが多いほどライフサイクルコストが上昇〜

F/A-18E/F 戦闘機以上のポイントを踏まえたうえで、私たち国民の税金で購入する以上、なるべく安い(=費用対効果の高い)戦闘機を選定すべきなのは言うまでもない。予算カットの流れから、安価で性能の低い戦闘機を選定することは本末転倒で、かえって究極の無駄遣いになってしまう。反対に、いくら性能が良いからといって超高額でライセンス生産も認められずブラックボックスだらけ、スペアパーツも輸入に頼るようでは戦力にならないかもしれない。わが国の中長期的な安全保障「戦略」をしっかり見据えたうえで、費用対効果の判断がなされるべきだ。

★上記要素に優れたF-X 次期主力戦闘機の候補は・・・
<1位> ユーロファイター・タイフーン
<2位> F/A-18E/F
<3位> F-35 ライトニングU




次期主力戦闘機 選定結果を大きく左右する論点
【1】アメリカ以外の国から戦闘機を購入する覚悟があるか
F-35 戦闘機日本とアメリカは深い同盟関係にあり、航空自衛隊はこれまで全ての主力戦闘機をすべてアメリカから購入(ライセンス生産を含む)してきた。今回の次期主力戦闘機 F-X選定に際しても、アメリカ側から強力な売込みがなされている中で、仮にヨーロッパ製戦闘機がベストな選択という結論が出た場合に、政府としてアメリカからの売り込みあるいは有形無形の圧力を跳ね返すことが出来るのか、その覚悟が問われることになる。当然、外交上何らかの埋め合わせも必要となるだろう。これは、わが国の安全保障政策の根幹にかかわる部分でもあるが、これまでどおりアメリカ1国との深い同盟関係の維持によりそれを達成するのか、日米同盟を機軸としつつもヨーロッパとの同盟関係も深めていくべきなのか、将来の日本の安全保障政策の青写真をどのように構想すべきかが問われているといえよう。

【2】F-2支援戦闘機の再生産
F-2 支援戦闘機本命視していたF-22の採用が絶望的となった現在、(全くの新機種をライセンス国産するよりは)生産コストの安いF-2を再生産することで、当面の戦闘機不足を乗り切ろうという議論も存在する。財政難の折、これはこれで説得力のある議論だが、F-2の生産は既に完了しているため、参加企業が既に撤退してしまっている。再生産は不可能ではないだろうが、相応のコスト上昇は必定。もちろん、防衛省が調査対象機種として発表したいずれの機種よりも性能が劣ることも否めない。当面の戦闘機不足と防衛産業の維持を達成できる応急的な解決策ではあるが、他国の第4.5世代戦闘機に対抗し得るためには相応の対空攻撃能力向上策を施す必要があり、一旦生産完了を決定してしまっていることと併せて、旧型戦闘機にしては相当高額な調達価格(※)を覚悟しなければならないだろう。
(※)F-2戦闘機1機当たりの価格は、当初予定していた約80億円を既に大幅に上回っており、現状でも主力戦闘機F-15Jと同等の約120億円となっている。

【3】空自戦闘機は3機種で運用されるのが望ましい
航空自衛隊は、現在に至るまで常に3機種の戦闘機を同時に運用してきた。これは一斉の飛行停止措置を伴うような深刻なトラブルが機体に発見された際に、航空戦力に空白が生じないよう予めリスクヘッジしておくための措置。この「3機種同時運用」の考え方をどの程度厳格に捉えるかで、選定結果は大きく異なってくる。例えばF-15FXを選定した場合、運用機種はF-15系とF-2系の2機種になってしまい、万一のトラブルに備えられないことになる。同様にF-2再生産もありえないことになる。


絞り込まれつつある 次期主力戦闘機 F-X
【1】理想より現実を。F-4戦闘機の減勢は、もはや深刻なレベル
PAK-FA T-50現在運用されている全てのF-4戦闘機は、ASIP(航空機構造保全プログラム)の下、機体寿命延長と能力向上が施された「F-4EJ改」となっている。とはいえ、機体寿命延長措置が施されたF-4EJ改の航空自衛隊への引渡しが始まったのは1984年(昭和59年)であり、すでに25年以上の時間が経過している。飛行隊では、効率的な運用によりなるべく飛行時間を減らして、機数を維持できるよう腐心しているが、機体の金属疲労や部品の枯渇も深刻なレベルに達しているようだ。旧式の機体に気を遣いながら細々と運用している戦闘航空部隊の抑止力が、看過できないレベルに低下しているのはいうまでもない。ほとんどのF-4EJ改が退役してしまうのが2015年。折りしも存在が明らかになったロシア空軍の第5世代ステルス戦闘機 スホーイT-50 PAK-FA の配備開始も2015年と発表されている。また、2011年1月には中国空軍のステルス戦闘機 成都J-20(殲20)も初飛行に成功、現状ではステルス戦闘機としての性能はF-22AF-35に遠く及ばないと分析されてはいるものの、着々と性能向上がはかられていくであろう事は間違いない。さらに憂慮すべきは、これら中ロの次世代ステルス機登場を待つまでもなく、現時点ですでに配備が進みつつあるロシア空軍の(第4.5世代機)スホーイSu-35にすら、(第4世代機の)F-15Jで対抗できるか危ぶまれていることだ。次期主力戦闘機 F-Xの機種選定と生産体制への移行は、もはや一刻の猶予も許されない状況だということを再認識したい。


【2】次期主力戦闘機としては現実的でないF-22AとF-35
当初本命視されていたF-22Aは、オバマ政権発足後2009年にアメリカ空軍向け全187機をもって生産を打ち切ることが確定。次期主力戦闘機 F-XとしてF-22Aの選定は絶望的となった。
代替機種としてアメリカはF-35の採用を強くはたらきかけてきているが、未だ開発途中であり完成していないのが最大のネックだ。F-35は、アメリカ以外にも多くの国が開発プログラムに参加しており、この共同開発プロジェクトに参画していない日本が仮に採用を決めたとしても、導入はかなり後回しにされてしまう。しかも米空軍は最近、F-35の導入時期が当初予定の2013年から2年遅れの2015年に、価格も大幅に上昇するとの見通しを示した。2015年にはF-4EJ改がほとんど用廃となるわが国にとって、導入されるのがさらに数年後となるであろう機種を選定することは基本的にはありえない(あくまで今回の次期主力戦闘機 F-X選定対象としては)。
しかし同時に、今回の次期主力戦闘機 F-X導入タイミングには適さないものの、近い将来F-35が日本に導入される可能性は極めて高いともいえる。現状、F-35F-22Aを除けば世界最強の第5世代戦闘機であることは疑いないからだ。経済成長を背景に軍事的プレゼンスを高めつつある中国やロシアと直接対峙する航空自衛隊が、今回の次期主力戦闘機 F-X候補からF-35をなかなか外せないでいるのは、F-35こそ航空自衛隊が考える最も強力な抑止力であるからに他ならない。近い将来、F-15JF-2の後継機種選定の際には最有力候補機種として導入が検討されるであろう事は間違いないだろう。


【3】絞り込まれた3機種の次期主力戦闘機候補
2011年1月7日、防衛省は次期主力戦闘機 F-Xの機種選定に向けプロジェクトチームを設置、候補戦闘機をF-35 ライトニングUF/A-18E/F スーパーホーネットユーロファイター・タイフーンの3機種に絞り込んだ。今後、候補戦闘機のメーカーに対して、より詳細な性能とコストに関する情報開示を求める「提案要求書(RFP)」が出され、各メーカーから寄せられた回答をもとに3機種の比較検討を行い、2011年秋以降を目途に選定機種決定の見込みとなっている。
より優れたステルス性など軍事的なプレゼンスを発揮できる機体が理想であることは誰もが認めるところであるが、これ以上の選定作業の遅れは、戦闘機の大幅な不足と相対的な性能の陳腐化をもたらすばかりか、戦闘機の国内生産に空白期間が生じる事による防衛産業基盤の崩壊をもたらし、ひいては日本の航空戦力の極端な弱体化を招くことになり、決して許されない。世界最強の戦闘機導入を目指すのは次にすぐやってくるF-XX(F-15J後継機種)選定作業に譲り、今回は迅速に、より現実的に「間に合う」判断を行うべきだろう。


≫ 次期主力戦闘機に関する記事一覧


------------------------------------------------

★ 次期主力戦闘機 F-X 投票コーナー ★

------------------------------------------------
あなたが次期主力戦闘機に最適と思う機種を投票してください!
※投票すると、現在の投票結果を見ることができます

Yahoo!ブックマークに登録 このページをブックマークする



【特集】F-X(次期主力戦闘機)候補の戦闘機たち
<1>F-22 <2>F-35 <3>F-15FX <4>F/A-18E/F <5>タイフーン

2016 飛行機(旅客機&戦闘機)カレンダー



ぽけかる倶楽部「社会見学・工場見学」「軍事関連施設」見学ツアーぽけかる倶楽部「社会見学・工場見学」「軍事関連施設」見学ツアーが大好評!

横須賀軍港めぐりをはじめ、東京裁判の法廷として使用された大講堂などめったに入れない防衛省、10式戦車も展示された陸上自衛隊広報センターなど、ぽけかる倶楽部なら魅力的な日帰りツアーが勢揃い!
≫ ぽけかる倶楽部




国内線LCC一覧国内線LCC(格安航空会社)で行こう!

厚木基地に行くならLCCで羽田空港へ
千歳基地に行くならLCCで新千歳空港へ
百里基地に行くならLCCで茨城空港へ
築城基地に行くならLCCで北九州空港へ
芦屋基地に行くならLCCで福岡空港へ
那覇基地に行くならLCCで那覇空港へ




海外航空ショー ツアー【特集】海外航空ショー ツアー最新事情

「海外航空ショーに行く!」と決めたけど…
どうやって行く?個人旅行?ツアーに参加?
海外航空ショーに出かけたい方のためのツアー情報を紹介するとともに、個人旅行で行く場合とパッケージツアーで行く場合の、双方の特色とメリット・デメリットについて解説します!〔記事全文〕





【BOOK】 零戦 その誕生と栄光の記録


零戦 その誕生と栄光の記録 (角川文庫)
世界の航空史に残る名機・零戦の主任設計者が、当時の記録を元にアイデアから完成までの過程を克明に綴った貴重な技術開発の記録。今日では零戦に関する書籍は数多く、様々な立場から様々な論評がなされているが、零戦の生みの親自らが著した本書は、様々な零戦論にリアルな軸を与えてくれる。設計当事者自身が決断した設計のポリシーや、設計者目線からの軍人や時代背景感なども新鮮。驚きだったのは、一般向けに書かれた文章とはいえ、(技術屋さんの文章は堅苦しく難解だろうと先入観を持っていたのだが)拍子抜けするほど読みやすく、読み物として面白かったこと。日本の「ものづくり」を考えさせる、示唆に富む一冊だ。596円(税込)

[零戦 関連トピックス一覧] [零戦 展示機一覧] [堀越二郎の名機たち]









秋の観光シーズン到来!お出掛けに、国内線LCC予約絶好調!
LCC(格安航空会社)の航空券は主にインターネットでの直販を基本としているため、従来LCCと旅行会社は提携しづらい関係にあった。しかし、ここへきて両者は急速に接近しつつある。国内線LCC同士の競争激化をにらみ販路拡大を模索するLCC側と、格安ツアーの商品化による需要喚起を期待する旅行会社側の思惑が一致し始めたからだ。オンライン旅行会社のエクスペディアではLCC各社と提携した格安のダイナミックツアーをはじめ、航空券単体の販売も開始、予約状況は好調のようだ。〔国内線LCC特集〕




パイロットウォッチ

耐衝撃構造に加え耐遠心重力性能を備えた「SKY COCKPIT」に
新たな機能を装備し、更なる進化を果たしたNewモデルが登場

衝撃、遠心重力、振動の3つの重力加速度に耐えるタフネス構造「TRIPLE G RESIST」と、多機能を感覚的な操作で使用できる「スマートアクセス」に加え、現役パイロットからの要望に応え、方位計測機能を搭載。新開発の磁気センサーにより、方位を素早く簡単に計測することが可能になっている。風防には、G-SHOCK初となるサファイアガラスを採用。パイロットウオッチに求められる堅牢性と視認性に応えている。〔パイロットウォッチ特集〕

==========================================================

ブルーインパルスの模型、DVD、関連グッズ

ブルーインパルスの模型、DVD、関連グッズブルーインパルス とは、航空祭や国民的な大きな行事などでアクロバット飛行を披露する航空自衛隊の公式アクロバットチーム。正式名称は「第4航空団第11飛行隊」で、松島基地をホームベースとしています。機材は初代ブルーインパルスのF-86F戦闘機、2代目のT-2練習機を経て、3代目の現在はT-4練習機が使用されています。本特集では、ブルーインパルスをフィーチャーしたこだわりの商品、コレクションに加えたい模型・DVD・グッズをご紹介します。 [ブルーインパルス特集]

<飛行機倶楽部コンテンツ>=====================================

 □LCC(格安航空会社) 特集
 □日本の格安航空会社 一覧
 □国際線格安航空会社 一覧
 □格安航空券 購入ガイド
 □海外航空ショー ツアー特集
 □憧れのパイロットウォッチ特集
 □模型飛行機(ダイキャスト&プラモデル)特集
 □航空雑誌の最新号をチェック!
 □飛行機写真のギャラリー
 □模型飛行機&CG作品のギャラリー
 □2014 ブルーインパルス スケジュール
 □模型、DVD、グッズで楽しむブルーインパルスの世界
 □零戦(展示保存機)を見に行こう!
 □模型、DVD、グッズで楽しむ零戦の世界

==========================================================

海外航空ショー  リピーター続出!海外エアショーの魅力とは

  フルパワーにチューンされた大戦機が
  迫力のデッドヒートを繰り広げるエアレースや、
  ヨーロピアンファイターなど東西新鋭機が
  勢揃いのトレードショー。さぁ、今年はどこに行く?

==========================================================

千葉県 岩田和則 さんの作品  飛行機模型&CG作品投稿ギャラリー

  模型飛行機は飾るだけではモッタイナイ!
  せっかく作った作品だから、デジタルカメラ
  で撮影してみましょう。モデラーの皆さん
  からの投稿作品集はこちらです!

==========================================================

零戦の模型、ラジコン、DVD  零戦の模型、ラジコン、DVD おすすめセレクション

  続々とリリースされている零戦関連アイテム
  の中から、こだわりの逸品を編集部が厳選。
  超絶ディティールを楽しむも良し、実機の映像を
  堪能するも良し。さあ、零戦ワールドへ!

==========================================================

航空ショー&航空イベント 2015

習志野演習場 / 厚木基地 / 熊谷基地 / 岩国基地 / 静浜基地 / 霞ヶ浦駐屯地 / 美保基地 / 防府北基地 / コウノトリ但馬空港 / 笠取山分屯基地 / 新潟分屯基地 / 丘珠駐屯地 / 横須賀基地 / 千歳基地 / 横田基地 / 富士総合火力演習 / 松島基地 / 百里基地 / 岩国航空基地 / 八戸航空基地 / 芦屋基地 / 下総航空基地 / 小牧基地 / 浜松基地 / ふくしまスカイパーク / 岐阜基地 / 三沢基地 / 小松基地 / 入間基地 / 築城基地 / 新田原基地 / 那覇基地 / 海外航空ショー / 零戦(展示保存機)を見に行こう!

開催日が間近に迫った航空祭をメルマガでお知らせ!
↓ ↓ ↓
≫バックナンバー&無料購読はこちら
==========================================================
航空祭なび トップに戻る飛行機倶楽部 トップに戻る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク



【特集】技MIX 航空機シリーズ大人の本格ホビーとして新たなジャンルを切り開いた次世代プラモデル「技MIX」が、さらなる進化!
【特集】技MIX 航空機シリーズ

完成度の高い彩色済みプラモデル「技MIX」に、またもや新製品が追加された。零戦の話題に事欠かない2013年にふさわしく、1/48という大スケールで零戦シリーズがラインナップに加わった。今回の特徴は、「内部構造再現模型」であること。外板を取付けた通常の零戦として組み立てられるのはもちろん、外板の無いスケルトン仕様や、一部の外板のみ取り外して内部構造が見られるように組み立てることも可能。また、付属の支持台を使い、エンジンや胴体、燃料タンク、機銃などを取り外した整備中の状態を再現するなど、付属する豊富な選択パーツにより、作り方・飾り方を自由に選べるのが魅力だ。零戦には三菱製と中島製が存在したが、微妙に異なる各社に特有の機体色・機体内部色もリアルに再現、細かな部品に至るまで精密な彩色が施されている。さらに、パイロットや自転車に乗った女学生など、製品化される4種類の零戦それぞれに異なるフィギュア(原型:竹一郎氏)が付属するのも嬉しい。続々とリリースが予定されている「技MIX」航空機シリーズをリポートする。〔記事全文〕



メールマガジン「航空ショー&イベント最新NEWS」国内の航空祭やイベント情報、海外航空ショーやツアー情報など、間近に迫ったイベント情報をメルマガでお知らせ!
メルマガ「航空ショー&イベント最新NEWS」
〔⇒無料購読申込はこちら〕






NEWS HEADLINE


Loading...

飛行機情報&ショッピングの「飛行機倶楽部」
=====================
≫ トップページに戻る
=====================

ブルーインパルス特集

ブルーインパルスとは?
2015 スケジュール
関連グッズ特集

ブルーインパルスの模型・プラモデル・DVD・グッズ特集

零戦関連トピックス一覧

零戦ってどんな飛行機?
堀越二郎の名機たち
零戦 展示機 一覧
伝説の零戦プラモ再販!
話題の零戦プラモ新発売


零戦の模型・プラモデル・ラジコン・DVD特集
=====================
厳選!零戦模型&RC
=====================
内部構造も再現!精密な塗装が施された1/48スケールの技MIX 零戦52型
三菱製零戦と中島製零戦で微妙に異なる特有の機体色・機体内部色もリアルに再現、細かな部品に至るまで精密な彩色が施されている。エンジンや胴体、燃料タンク、機銃などを取り外した整備中の状態を再現するなど、付属する豊富な選択パーツにより、作り方・飾り方を自由に選べるのが魅力だ。
零戦模型&プラモデル

模型飛行機を探そう!


=====================
≪大人のホビー特集≫
「技MIX」航空機シリーズ

トミーテック 技MIX 航空機シリーズ

このサイズにして、この超絶ディテール。プロモデラーレベルの仕上がりを手軽に実現する究極の彩色済みキット「技MIX」、続々リリース中!

技MIX F-22シリーズ
技MIX F-15シリーズ
技MIX F-4シリーズ
技MIX P-3Cシリーズ
技MIX 零戦シリーズ

=====================
≪特集≫ デジタルで
楽しむ模型飛行機写真

千葉県 岩田和則 さんの作品

模型飛行機は飾るだけではモッタイナイ!皆さんからの投稿作品集は こちらです!

=====================

MRJ
三菱 MRJ
三菱航空機が開発する初の国産リージョナルジェット旅客機
MRJ 模型情報

ボーイング787
ボーイング787
機内の快適さをと低燃費を追求したボーイングの最新鋭旅客機
B787 模型情報

エアバスA380
エアバスA380
長距離大量輸送を低燃費でやってのける世界最大の旅客機
A380 模型情報

F-22 ラプター
F-22 戦闘機
他を寄せ付けない圧倒的な戦闘力を誇るステルス戦闘機
F-22 模型情報

F-16 ファイティングファルコン
F-16 戦闘機
バージョンアップで進化を続ける西側戦闘機のロングセラー
F-16 模型情報

F-15 イーグル
F-15 戦闘機
未だ全世界の空中戦での被撃墜ゼロ。航空自衛隊主力戦闘機
F-15 模型情報

F-2 戦闘機
F-2 戦闘機
世界最強の対艦攻撃能力を誇る航空自衛隊のマルチロール機
F-2 模型情報

F-35 ライトニングU
F-35 戦闘機
国際共同開発が進む第5世代ステルス戦闘機。空自も採用
F-35 模型情報

F/A-18 ホーネット
F/A-18戦闘爆撃機
マルチロール性を誇る米空母機動部隊航空戦力の要
F/A-18 模型情報

ユーロファイター・タイフーン
ユーロファイター
英空軍、イタリア空軍等で活躍するマルチロールファイター
ユーロファイター 模型情報

ラファール
ラファール
フランスの理想を追求。多様な任務をこなすマルチロール機
ラファール 模型情報

F-4 ファントム
F-4 戦闘機
ベトナム戦のミグキラー。性能向上型は航空自衛隊でも現役だ
F-4 模型情報

A-10 サンダーボルトU
A-10 攻撃機
湾岸&イラクで実力が証明された近接支援機のサラブレッド
A-10 模型情報

AH-1S コブラ
AH-1S コブラ
世界初の純攻撃ヘリコプター。陸上自衛隊も運用中
AH-1S 模型情報

AH-64D アパッチ
AH-64D アパッチ
情報ネットワークを駆使して戦う世界最強の攻撃ヘリコプター
AH-64D 模型情報

CH-47 チヌーク
CH-47 チヌーク
輸送、救難、特殊作戦用にも。進化重ねる大型ヘリコプター
CH-47 模型情報

零式艦上戦闘機
零式艦上戦闘機
圧倒的な空戦性能を誇り、数々の伝説を残した名艦上戦闘機
零戦 模型情報

メッサーシュミット Bf109
メッサーシュミット Bf109
ヨーロッパ戦線で暴れまわったルフトバッフェの主力戦闘機
Bf109 模型情報



≫ 飛行機倶楽部 TOP に戻る


< 無断転載を禁じます >
Copyright (C) 1997-2014 HIKOKI-CLUB. All Rights Reserved.
【特集】F-X(次期主力戦闘機)選定の条件 航空祭なび 2016〜航空ショー&ツアー情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる